悲劇が起こる前の予防薬|フィラリアから守る飼い主の知恵

MENU

蚊により感染を起こす病気

フィラリアとは、感染した蚊が寄生虫と一種とされる犬糸状虫の幼虫を媒介する事で他の犬に感染を起こしてしまう感染症の一つとされ、犬以外にも猫に感染を起こす事も有るとされ幼虫の状態ではミクロサイズの非常に小さいものですが、体内で成長を続ける事で成虫では体長を三十センチにもなるとされ、この寄生虫により体に不具合を起こす事や場合によってはそれまで健康に見えていたものの突然死してしまう可能性も有る危険な病気とされています。
フィラリア感染により起こる症状としては、まず幼虫はリンパの流れにそって心臓に向かって進むみ最終的な住処とされるのが心臓や肺動脈とされるので、この過程で幾つもの症状を起こすとされ、血液の循環を悪くしてしまう事に繋がるので初期の段階で餌に手を付けない食欲の不振あるいは低下やそれに伴い痩せ始める、咳をする様になる、息切れが起こり易く呼吸が苦しい状態が続く等となり、進行するにあたって排尿時の尿の色が茶褐色となる事や妊娠しているはずも無いのに腹部が膨らんだ状態となる事が有るとされ、感染初期の段階では飼い主も気付きにくい事が有るので予防の薬の摂取や体調変化には気を配る必要が有ります。
予防に関してですが、蚊が最も多く発生する時期は夏場となりますが、少ないものの四月から十二月前位までは飛んでいる事が有るので、この期間に予防薬を用いる事が大切で、剤形を液状としてスポットタイプのレボリューションであれば月に一度背中に滴下するだけで感染を予防する事が出来るとされており、即効性が強い予防薬となるので滴下してから二時間を経過すれば水等で洗い流す事も出来るとされます。
予防薬を用いないで一夏を超えるとその感染率は約三割となり、全く予防せずに夏を三回迎えると感染率は飛躍的に高まり九割以上の確率で感染するとされるので家族の一員である犬や猫の寿命を縮め無いためにも重要な行為となります。
又、皮膚からの透過となるので副作用も殆ど無いとされ安全に使用する事が出来ますが、症状が見られフィラリア感染している際には用いる事は出来ず掛かり付けの獣医による治療を必要とするので注意が必要です。


犬猫のフィラリアの症状と予防|ペットのお薬なび